最新情報

トピックス

2021/04/12

野北和宏 教授が “2021 TMS AWARD” 受賞

tp2021_0412_tms

TMS ( The Minerals, Metals & Materials Society ) は「鉱物・金属・材料」分野の研究発表を支える専門的な団体です。

主な活動として論文の公開や専門誌の発刊、研究者やエンジニアによるネットワーキングイベントの開催などを行っていますが、TMSを通じて発信される最先端の研究報告に、世界中が注目しています。

3月17日、TMSが優れた研究者に贈る「TMS AWARD」の授与式がオンラインで開催され、野北和宏教授(クイーンズランド大学・材料工学)が「RESEARCH TO INDUSTRIAL PRACTICE AWARD」を受賞されましたのでご紹介します。

受賞理由は「For establishing the multiple effects of Ni in Pb-free solder alloys, opening the way for a new generation of high-reliability, thermodynamically stable interconnects.」
つまり、Ni添加が鉛フリーはんだにもたらす複数の効果についての研究が評価されました。

Niが添加された鉛フリーはんだの代表格と言えば「SN100C」「SN100CV」。これらの合金の高信頼性のメカニズムが、こうした研究によって明らかになりました。

今回の受賞は、野北教授と鉛フリーはんだの共同研究を行っているクイーンズランド大学内の研究センター「Nihon Superior Center for the Manufacture of Electronic Materials」としても、またその活動を支える当社にとっても大変喜ばしいニュースです。

授賞式の模様は YouTube でご覧いただけます(メインカットをクリックするとYouTubeが自動再生されます)。


【 野北教授の受賞コメント抜粋 】


I am humbled to be receiving this award. I must acknowledge all of those who have contributed to the work of our Centre over recent years for Pb-free solder and electronic packaging research. Having such great industry support as well as being part of the TMS excellent researchers has made my research possible and this community and the TMS annual meeting continues to be a highlight of my year.

ページの先頭へ戻る