導入事例

導入事例

オムロン様

日本スペリア社が独自に開発した錫ー銅系の鉛フリーはんだ「SN100C」が、急速に採用実績を伸ばしている。99年3月に初めて量産ラインに本格採用されたが、はんだ切れが良くきれいな仕上がりが得られる特徴から、現在では全世界で300台を超えるはんだ槽に採用されている。

欧州連合(EU)で06年7月1日以降、WEEE/RoHS指令による鉛など4重金属の使用禁止が本決まりになったこともあり、内外のエレクトロニクス業界で鉛フリー化への取組みは急ピッチ。そこで「SN100C」のユーザー訪問シリーズの第8段として、オムロン三島事業所(静岡県三島市)を訪ねた。

取材:日刊工業新聞社

使用条件の厳しいFA用にも高信頼性

SN100Cを使用しているPLCの基板

オムロンの社内カンパニーであるインダストリアルオートメーションビジネスカンパニー(IAB)は業界に先駆けてFA用制御機器の鉛フリー化に取り組む方針を打ち出している。現在までに26機種についてはんだの鉛フリー化を完了、03年4月からすべての新商品についてはんだの鉛フリー化を目指す。さらに05年3月末までに既存の主要商品を優先したはんだの鉛フリー化を実施、その他の部材についても無鉛化への代替技術を確立する。

三島事業所はPLCなどを生産、IABの主要拠点である。同事業所で鉛フリー化の検討を始めたのは98年ごろ。FA用制御機器は民生機器に比べ温度や振動などの使用条件が過酷で、万が一、トラブルが発生すると被害も大きいためはんだにもより厳密な信頼性がもとめられる。ヒートサイクル試験はマイナス40度~105度、2000回という厳しさ。同事業所では国内主要メーカーのはんだを集めて平等に評価テストを行った結果、「SN100C」をオムロンのフロー工程標準はんだの一つに選んだ。

「最終的な決め手になったのは、はんだ付け後の仕上がり状態、見栄えの良さ。つまり顔にほれた」と三島システム工場参事・主任技師の楠居研一さん。01年5月に量産を開始、現在までに累計5000台の製品を出荷したが「今までに市場で不良が発生したことはない」という。また「1年半を経過し、はんだ槽に溶け出した異物を調べるための組成分析でも異物混入が少なく、はんだ槽のメンテナンスにも良い」と評価している。

※この内容は、日刊工業新聞 平成15年2月26日に掲載されたものです。

はんだ本舗のTOPページに戻る

ページの先頭へ戻る