導入事例

導入事例

パイオニア様

日本スペリア社が独自に開発した*鉛フリーの錫-銅系はんだ「SN100C」が、大手家電メーカーを中心に、急速に採用実績を伸ばしている。同はんだが量産ラインに初めて本格採用されたのは、1999年3月のことだが、それからわずか足かけ4年で、全世界の200台以上のはんだ槽で採用され3000万台以上の製品の鉛フリー化に貢献している。さらに今年度中には300台に達する見通しである。

はんだ切れが良く、光沢のあるきれいな仕上がりが得られ、はんだカスの発生も少ないなどの特性のある、「SN100C」の急速な普及の背景を探るため、主力ユーザーの声を聞いた。

*「フリー」とは不使用を意味する。
取材:日刊工業新聞社

コストや信頼性に魅力。鉛フリー化でも「開拓者」に。

埼玉県鶴ヶ島市にあるパイオニアの生産技術センターを訪ねた。同社の生産技術に関する司令塔である。「SN100Cの組成は錫と銅という単純な組成。鉛フリーはんだとしてもう一方の有力な候補である錫-銀-銅系に比べ、貴金属の銀が含まれていない分、コスト面で非常に有利」と同センターでSN100Cの採用に踏み切った理由を聞く。

同社がSN100Cを本格採用したのは、2000年4月だったが、現在では主力製品のPDPやDVDの生産工程をはじめ国内外の多くの事業所で採用している。「はんだ付け性や機械的強度などが従来の錫-鉛共晶はんだに全く引けを取らないこと、リフトオフの要因がないこと、リサイクル性が高いことなどから、フローの鉛フリーはんだとしてSN100Cは最適だと思う。将来的には同はんだがグローバルスタンダードとなることにより、量産効果によって更なるコストダウンに期待したい。」といった注文もあった。

EU各国の鉛はんだ規制の動きもあり、有害物質である鉛を製品から追放しようという動きは大きな流れとなっている。パイオニアは01年度中に国内生産の新製品に鉛フリーはんだを全面採用、今年度中に海外生産の新製品にも全面導入する。「鉛フリー化を含む環境対策でも、名実ともにパイオニア(開拓者)としてトップランナーでありたい。」と同センターのスタッフから。

※この内容は、日刊工業新聞 平成14年6月26日に掲載されたものです。

はんだ本舗のTOPページに戻る

ページの先頭へ戻る