ソルダリング

NS 無酸化はんだクリーム

NS 無酸化はんだクリーム

NS 無酸化はんだクリームは、合金組成(表I)、フラックス(表II)、粒子範囲(表III)、粘度/フラックス含有量(表IV)、粉末粒子形状のタイプ(表V)といった条件を各種用途に応じて組み合わせることが可能です。また、BGA・CSP実装に対応したはんだクリームもございます。

表示方法

表示例

合金組成(表Ⅰ)
合金記号 組成 融点(℃) 用途
固相線 液相線
SN62 Sn/Pb/Ag 179 179 銀電極・銀回路用
SN62V 耐ヒートサイクルストレス
SN63 Sn/Pb 183 183 一般用
SN63V 耐ヒートサイクルストレス
BI52
BI130
BI165
BI8
Sn/Bi/Pb
Sn/Bi/Pb
Sn/Bi/Pb
Sn/Bi/Pb
96
99
137
135
96
139
165
173
低温はんだ付用
SN122
SN8
SN820
SN515
Sn/Pb/Ag/Sb
Sn/Pb/Sb
Sn/Pb/Ag
Sn/Pb/Ag
240
240
285
296
240
260
296
301
高温はんだ付用

その他の合金組成についてはお問合せ下さい。
合金の不純物については、通常 JIS Z 3282 A級に準じています。

フラックスタイプ(表II)
粒子範囲(表Ⅲ)
記号 粒子範囲(μm) 用途 JIS分類
UF 25~10 CSP・ディスペンサー対応
SF 38~10 ファインピッチ・ディスペンサー対応 S-5該当
F 45~20 0.4ピッチ・ディスペンサー対応 S-4該当
A 53~25 0.5ピッチ・ディスペンサー対応 S-3
AB 63~38 0.65ピッチ対応 S-3
B 75~53 0.8ピッチ・ディスペンサー対応 S-2該当
AQ 63~20 0.4ピッチ・ファイン-ラフピッチ混載対応
粘度 / フラックス含有量(表Ⅳ)
記号 粘度 25℃ フラックス含有量
ブルックフィールド(万cps) マルコム(Pa・S)
M 80~100 150~250 9.0~13%
D 30 ~60 40 ~100 11.0 ~14.5%

※粘度は当社測定方法によります。

ブルックフィールド

ブルックフィールドRVT型粘度計を使用し、スピンドル(T-Fタイプ)5rpmの条件でヘリパススタンドを降下させながらスピンドルの横バーがクリーム表面に接触して2分後の値。

マルコム

マルコム製スパイラルセンサ型粘度計を使用し、10rpmの条件で回転開始後3~5分後の安定値。

球形粉

粒子形状(表Ⅳ)
記号 形状 用途
なし アトマイズ粉 一般用
Q 球形 ディスペンサー、ファインピッチ用

ページの先頭へ戻る