鉛フリーソルダリング

やに入りはんだ

SN100C (030)(焦げ付き対策)

こて先への焦げ付き、フラックスの飛散を低減し、作業効率UP

溶融速度が速く、焦げ付きを低減した高信頼性やに入りはんだです。
従来品にくらべて作業効率が向上し、生産性・経済性に大きく貢献します。
その他、残渣割れの低減、連続はんだ付性、広がり性も良好です。

こて先への焦げ付き

左:030 (13秒後に焦げ付き開始)
右:従来品(3秒後に焦げ付き開始)

SN100C (031)(汎用タイプ)

フラックス飛散抑制と高い作業性を両立

作業性に優れた汎用タイプの鉛フリーやに入りはんだです。
溶融速度が速く、フラックス飛散、残渣割れを低減。
さらに連続はんだ付性、広がり性も良好で、作業効率の向上により、生産性・経済性に大きく貢献します。

フラックス飛散試験

こて先温度を280℃、330℃、380℃に設定してはんだ付けを行い、フラックスの飛散個数を測定した。

フラックス飛散試験結果

SN100C (031) は従来品にくらべ、フラックスの飛散を大幅に低減しています。

SN100C (044)(完全ハロゲンフリー)

ハロゲンフリーでもはんだ付時間を短縮

従来の完全ハロゲンフリーやに入りはんだにくらべ、連続はんだ付性を約30%向上。
作業性を重視したSN100C (Sn-0.7Cu-0.05Ni+Ge)やに入りはんだです。

連続はんだ付試験(平均値比)

従来とくらべ連続はんだ付性が約30%向上!作業性が大幅に高まります。

SN100C (551CT)(活性持続性向上)

フラックス活性力の持続性に優れ、こて離れが良好

やに入りはんだに含まれるフラックスの活性力を高めることで、こて離れが良好になり、つのの発生を抑制した製品です。
引きはんだ付やブリッジの修正等の特殊な作業に適しています。

つの発生(外観写真)

右:従来品(加熱時間1秒でつのが発生)
左:551CT (つのが発生していません)
※551CTは加熱時間4秒でつのが発生

ページの先頭へ戻る